ヤブサメ、序章
掲載日 10/21
 先の 10/12-13 の両日 福島県の 古殿町で800年からの歴史ある ヤブサメが行われました。
前日の12日は 一般人が参加する 競技としてのヤブサメ、  翌13日は 神事としてのヤブサメ 、 逐次掲載して参ります。

■ 往路 会場までは4キロほどの地点で偶然 会場に向かう 参加当番地区〔例年3地区が参加する〕の一行と出会いました、的は参加地区で各1用意するようです〔的は3箇所に立てられる、〕
c0077395_15163628.jpg


※ 偶然にも 中央背後に見える 赤屋根は 当方の友人宅、
c0077395_15165179.jpg



c0077395_1517485.jpg


※ 神事としての ヤブサメの装束、 本番の時は スゲガサ を被るようです。 トレーニングのせすか 本番時は 百発百中、でした。

c0077395_15193529.jpg



c0077395_15203091.jpg


※ 鞍と 鐙〔アブミ〕⇒太さ3センチ位、長さ15センチ位の棒を紐で結わいたもの、足の親指と人差し指で細い紐を挟み込みバランスを取ります、 至難の技の筈、
c0077395_15223272.jpg


※ 絵馬、明治24年奉納とあります、
c0077395_15233256.jpg

※福島県石川郡 古殿町〔⇒フルドノマチ、 家からは2時間〕、 阿武隈山系の真っ只中に位置します、いわき市とは近いようです、
by gigen_t | 2013-10-21 15:44 | その他 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gigen.exblog.jp/tb/20860325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2013-10-21 16:13
今でもこういうのがあるんですね。
きちんと正装してやるんですね。
カッコイイですね。
Commented by nenemu8921 at 2013-10-22 09:28
スナップも達人なのですね。
どの画像からも、準備のワクワク感、緊張感も伝わってきます。
#2の会場へ向う雰囲気もいいですね。
Commented by niharu00 at 2013-10-22 09:53
流鏑馬に入る前の様子 弓の練習地上でも絵になりますね
本番の人馬一体の流鏑馬楽しみにしています。
Commented by aoikesi at 2013-10-22 10:15
流鏑馬の、今回はなかなか見られないシーンを見せていただきました。
軽トラに積んだ的や絵馬がよかったです。
Commented by kosai at 2013-10-22 15:20 x
こんにちは。
良いものを見せて頂きました。
私の生まれた丸森町の小斉にも流鏑馬がありますが、1度も見たことがありません(^^ゞ
ところで、4・5日前に白石川で白鳥を見ました。何時もの所です。
1羽だけだったので、渡りの途中で仲間からはぐれたのでしょうね・・・
必死に仲間を探していました。
そろそろ、ですね。手代木沼は昨年は27日に初白鳥でした。
Commented by mark_blues at 2013-10-22 16:55
「せ」す
かぶりものが
じゃまそー (。・_・。)ノ♪
Commented by tanuki_oyaji at 2013-10-22 20:29
gigen_tさん、こんばんは〜♪
流鏑馬ですか、疾走する馬を実際に見ると迫力があるんでしょうね。
的に当てるのはたいへんな練習が必要なんでしようね。
Commented by t-higasikouji at 2013-10-22 20:46
800年の歴史が面々と人々の力で伝え継がれてきているのですね。このような文化を大切にしていかなければ、日本はどこに行くのだろう・・・という事ですね。とても大切な文化を教えていただきました。
Commented by Angel at 2013-10-23 06:10 x
おはよー
いつもながらすばらしい行事ですね~
装束はじめ、見事なアイテムの数々、どれもりっぱなものです(@。@”
Commented by hana-no-kaachan at 2013-10-23 10:36 x
古殿町出身の者です。
毎年、流鏑馬の写真を撮って頂き、ありがとうございます。
子供の頃は毎年見に行っていました。自慢の流鏑馬です。


<< ヤブサメ、その2 夜明けの伊豆沼 >>