東日本大震災
掲載日 3/11
  長ったらしいコメントです、 飛ばして 画像のみご覧下さい。
   東日本大震災は 6年前の 今日、 3/11  午後2時46分 に発生いたしました。  当方は当日 海から1キロ足らずの 仙台空港滑走路付近で 飛行機撮りをしていました。  突然、 強烈且つ 長い時間の揺れ、 続いて数メートルに及ぶ津波の襲来で  多くの方々が被災 亡くなられた方も大多数、 未だに行方の知れない方々も居られます。  仏の世界では 7回忌になります、 謹んで追悼の意を表します、
  長い時間の揺れに 車に掴まりながら 頭を ヨギッタ 事は 「こんなに長く揺れたら 間違いなく 津波が来る」 との思い、 海とは遠く離れた世界に住む私でも その様に思いました。  素早く現地を後にしたので 今の私があるのです。 そうでなければ 今頃は行方知れずで 処理されていた筈です。
 ガソリンは極端に不足し 補給するに 長蛇の列 でしたが、 当方の車は 軽油のため 十分にあり 一週間後に 被災地を訪れました。  直ぐにでも被災地の状況を知りたいものと思いましたが 直ぐでは 物見遊山の ソシリ を受けますので一週間後に訪れました。

■ 当時 私は 橋桁様の、 飛行機 進入灯 右下に居ました。
c0077395_1850330.jpg




c0077395_19301049.jpg




c0077395_20134160.jpg

                      
                    

c0077395_18543639.jpg




c0077395_1855123.jpg




c0077395_1855319.jpg




c0077395_18555057.jpg




c0077395_18561490.jpg




c0077395_18564536.jpg




c0077395_1857353.jpg




c0077395_18572552.jpg




c0077395_18574065.jpg




c0077395_1859433.jpg




c0077395_18595343.jpg



■ 富山県高岡市からの応援隊、
c0077395_1942944.jpg



■ 以下は仙台市の 蒲生干潟のある地区、松林は殆ど流され僅かに残りました、 松の右手は 干潟です。
c0077395_20424093.jpg




c0077395_2043926.jpg




c0077395_20434470.jpg




c0077395_2044238.jpg




■ 震災の前日まで 干潟で猛禽の 「ミサゴ」 撮りをしていました、 当日であれば 確実に オダブツ でした。
c0077395_20472880.jpg

by gigen_t | 2017-03-11 17:58 | その他 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://gigen.exblog.jp/tb/26492981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2017-03-11 23:33
gigenさんも怖い思いをしたのですね。
前日までミセゴとりをしていたとのこと、
当日でなくて良かったですね。
今生きていること、指令だと思って、一生懸命生きましょうね。
Commented by ワンちゃん at 2017-03-12 10:54 x
いつになく、真摯な「添え書き」!  キッチリ読ませて頂きました。
小生は三陸沿岸で生まれ育ちましたし
同期の連中や知人の方々も、多数 犠牲になりました。
故郷の高校卒業まで住んでた所も、無残な姿に変わり果て
呆然と立ち尽くしたことが、昨日のことのようです。

> 直ぐにでも被災地の状況を知りたいものと思いましたが
  直ぐでは 物見遊山の ソシリ を受けますので一週間後に訪れました。
* 小生も当時は会社だったので、ゴールデンウイークまで待って…訪問?
  親や親類一同と無事を確かめ合いました。
  沿岸地区の被害状況を一通り撮って、これを写真集にして
  津波の怖さを知らない、現在の周囲の人達に伝えています。

もう、あのような大津波は二度と来て欲しくない! そう願っている日々です。

Commented by sidu-haha at 2017-03-12 13:43
こんにちは~。
すごい体験をされたのですねえ~~。
飛行場も蒲生も~~とにかく、海岸地帯はどこでも
このような状況でしたね。
私も内陸にいましたが、酷い揺れが続き、少し落ち着いてから自宅への道を~でしたが、
普段は20分弱で着くところが、信号が止まり、橋に段差ができ、マンホールから水が噴き出し、道はあちこちで割れて~段差ができ~^
という具合で、20分どころか2時間以上かかって家に到着しました。
鍵を開けると、家の中はゴミの山~一歩足を入れると、壊れたプラスチックの容器が鋲のように尖って散らばり、足にささるようになっていましたね。
あんな思いはもう、したくないですね。
Commented at 2017-03-12 14:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by niharu00 at 2017-03-12 14:29
時の流れは早いものですね あの時二人であの場所で
写真撮りしていました 現場から帰宅する時 道路は
液状化 国道に出てからは 信号機は停電で動いていません
家内とは携帯を何回してもだめ 今思うとよく生きて帰宅
出来たと思います 震災の記憶が薄れないような写真素晴らしいです 私も小さな分校の国民学校で教わった 津波は高台に
逃げろ先生は 松島の小さな島の出身でした。逃げるは勝ち

Commented by tanuki_oyaji at 2017-03-12 17:18
gigen_tさん、こんばんは〜♪
間一髪で逃げられてホントに良かったです。
迅速な判断があったればこそのことでしたね。

Commented by rin-koko at 2017-03-12 19:13
こんばんは~☆
素早い判断で難を逃れることが出来て良かったですね。
私の所でも長い揺れがあり怖かったを思い出しています。
Commented by aoikesi at 2017-03-13 09:36
目を覆うような惨状から6年。
当時は復興などありえないと思っていました。
まだまだ復興途中ですが、人間の力は素晴らしいと思うこの頃です。
Commented by nenemu8921 at 2017-03-13 13:45
まあ、貴重な映像をお持ちなのですね。
そうでしたか。撮影中だったのですね。
でもとっさの英断で行動されて何よりでした。
蒲生干潟も無残な姿を拝見してため息が出ます。
仙台に赴任していた愚息とともに訪れたのは2005年頃だったかなと思います。
とりかえしがつかない…。実感します。


<< 雪景、その1 淡雪〔アワユキ〕 >>