棒懸け〔ボウガケ〕
掲載日 11/5
   現今の稲刈りは コンバイン により稲刈りと同時に 脱穀し籾にします。   極端な処 今日刈り込み 明日には精米し 食べられる様になりました。   この棒懸は 自然乾燥米にするために 1,2ケ月 この様な形で乾燥させるのです。   自然乾燥米は 殊の外 美味しいと言って、  自家用米だけを 手間暇懸けて この様な形で乾燥させるのです。 家の周りでは 1,2軒の農家だけになりました。 

c0077395_20201839.jpg




c0077395_20204087.jpg




c0077395_20211818.jpg

by gigen_t | 2017-11-05 20:25 | 風景 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gigen.exblog.jp/tb/28196440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by isao1977k at 2017-11-05 23:48
棒懸けした米は美味しいですよね。
昔はこちらもこのような風景が見られましたが
最近ではほとんどの畑で見られなくなりました。
今、新米を食べていますが、やはり美味しいですね。
Commented at 2017-11-06 08:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ワンちゃん at 2017-11-06 09:07 x
収穫を終えた米の、「風味を良くする為の天日干し」…先人達の知恵の結晶ですけど~
当地方では、小田掛けと呼んでいますけど
そちらでは、「棒懸け」と呼ぶんですね (@_@)

蓑かさを付けたお百姓さんが、ズラーっと並んでいるようにも見えて
絵としては、面白いですよね (*'▽')

特に…2枚目の「紫の案山子」がアクセントになっていますね ♪~
Commented by Sippo5655 at 2017-11-06 22:16
1,2カ月も、自然乾燥ですか!
さぞ美味でしょうね・・・!!
これはもう、手間暇かけて作った方へのご褒美でしょうね♪
お日様の力って、本当にすごい!
Commented by nenemu8921 at 2017-11-11 10:30
まあ、ちょっとご無沙汰したら、素晴らしい画像が並んでいますね。
広い田んぼのようですね。さぞ、ご苦労なことでしょう。
千葉ではほとんどコンバインで、こんな素晴らしい光景は見られなくなりました。





<< 朝もや 霧 秋 >>