ヒガンバナ
掲載日 9/30
ヒガンバナ、 最近は 姿形、色彩 の良さからか、事の他 持て囃されるようになましたが、  かつては 忌み嫌われていたようです。 生えている場所が 大方 墓地等であった為でしょうか、  球根には 毒 が有るそうです。
 その昔、飢饉に苦しんだ時は、何日も 水に晒し 毒を抜き 食べたとの事です。
  この花も 古い 墓地に群生しているものです。

c0077395_63247.jpg


c0077395_6322537.jpg

by gigen_t | 2007-09-30 06:33 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gigen.exblog.jp/tb/7080906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kuriken4343 at 2007-09-30 09:19
おはようございます
そうですね、私も両親からはgigen_t さんのおっしゃるような話を聞いてました
花の赤は、死者の血の色とか・・・

でも今となっては、各地で大事にされているみたいで
私の撮影地もお寺でしたが、沢山のカメラマンや花見の人がおりました
Commented by Mie at 2007-09-30 10:55 x
バックは竹林でしょうか、とても良い雰囲気が出ていますね、昔は嫌われた花、その通りですね、
でも、そんな花でも現代人の目には豪華で表すことの出来ない朱色の美しさ、
と絵に描かれたり、写真に撮られたり、時勢は変わっていってるのですね。
Commented by gigen_t at 2007-09-30 14:49
Kuriken4343 さんへ
 狭いとは謂え 広い日本 似たような話は 他所の地区でもあるものなのですね。  コメント有難うございました。
Commented by gigen_t at 2007-09-30 15:03
Mei さんへ
 バックは 孟宗竹 です。 一寸 小高い処にあります。 田圃にも群生している地区が有りますが、 其処のは 大方 盛りが過ぎたようです。
 此処のは これから盛りを迎えるようです。   今は、その様な話すら 聞いたことも無い人が多いのでしょうから、  仰せの通り 時勢の変わりなのでしょう。 コメント有難うございます。
Commented by at 2007-09-30 17:14 x
なんか怖いです。
雰囲気たっぷり^^;
Commented by 161212 at 2007-09-30 19:04
こんばんは。
こちらは、私宅の近くを流れる大森川といって阿武隈川の支流です。この川の流域に群生していますが、護岸工事でかなり少なくなりました。
種でも増えるのでしょうか、阿武隈川本流まで咲いています。
Commented by azuminomasa at 2007-09-30 19:19
こんばんは

こちらでも墓に生えているところが多いです。最近は根ごと抜かれて
持っててしまうそうです・・ 盗みですね
こんなに沢山、群生しているのは初めて見ます。すごいです
Commented by gigen_t at 2007-09-30 20:33
花 さんへ
 竹薮から何か出そうで?  ゴメンネ 脅かして。 怖いことは有りません。 仏様方と仲良くして上げれば良いのです。 特別な事はありまん。
Commented by gigen_t at 2007-09-30 20:50
161212 さんへ
 コンバンハ、 私の知る範囲では 種で増えることは無いようです。  球根でと思います。  球根は極めて丈夫で 掘り起こして置いて、 忘れた頃に植えても 元気よく育ちます。
Commented by gigen_t at 2007-09-30 20:56
azuminomasa さんへ
 ヒガンバナの 盗掘とは 始めて 聞きました。 安曇野辺りは全国から 色んな人が集まって来るので 数の内には そんな人も居るのでしょうね。  やはり そちらでも 墓に植えられていますか、同じですね。  此処の群生地の外にも、 墓地には方々に生えているようです。


<< 大内宿 萱葺き駅舎 >>