「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
白鷺
掲載日 1/31
昨日は晴天なるも 全くの無風 例によって白鳥は殆ど動かない。 エリア内で 白鷺 を散見したので追いかけるが 中々撮らせてはくれません。 人間が普段に歩いている分には逃げないが、 立ち止まると サット 飛び去ってしまいます。 アオサギに至っては 車でさえ 止めると逃げてしまいます。  サギ類の撮影は 覚悟を決めて掛からないとダメなようです。 3枚とも車の中からのものです。

c0077395_3494135.jpg


c0077395_418527.jpg


c0077395_3503573.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-31 03:55 | | Trackback | Comments(2)
らん
掲載日 1/30
 「東北蘭展」 の入場券を頂いたので最終日の昨日行って来ました。会場は思いのほか暗く  ISO250 に設定しても せいぜい 1/30(開放F4)  師匠発案の 腕枕?  と LIS を頼りにスローシャッターに挑戦 1/4 は流石にぶれてとても見られませんが 1/6 では何とか見られます。 例によって点数のみ多くなり 図鑑的 なものばかりです。 以下は 1/6~1/30の画像です。

c0077395_10304229.jpg


c0077395_1033785.jpg


c0077395_1035617.jpg


c0077395_10355886.jpg


c0077395_103922100.jpg


c0077395_10404423.jpg


c0077395_10554185.jpg

EOS1DSⅡ 24-105LIS
by gigen_t | 2007-01-30 10:45 | | Trackback | Comments(5)
白鳥
掲載日 1/29
白鳥はあの大きな身体を空中に 浮揚 させる為には 飛行機宜しく (いやいや 飛ぶに関しては、白鳥が大々先輩です) 向い風を利用し ダッシュ、 浮力 を付け 空中に舞い上がります。
無風状態・微風では 飛び揚がるのは容易なことでは無いようです。 程良い風が有れば 短距離の助走 で簡単に舞い揚がりますが、 そうでない時は 長い距離の助走が必要です。 1枚目は程良い風の時、 2枚目は微風の時、見比べれば違いがお分かりかと思います。(前傾姿勢が違います)  白鳥に執ってはご苦労な事乍、 写真を撮る側からすれば、微風時の方が面白味が有ります。 3枚目は参考画像、 丹頂も当然 向い風 を利用します。

c0077395_1174327.jpg


c0077395_1183240.jpg


c0077395_1195174.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-29 01:23 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/28
左白いのは 対岸 無人駅の表示板です。 高速シャッターでは恐らく 大いなる邪魔物 になったものと思われますが、 流し により 程良いアクセント になりました。

c0077395_1513560.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-28 02:02 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/27
天空に在る時は殆ど羽ばたきません。 気流を利用しているのでしょう 大空を悠然と舞います。 飛び立つ時は 物凄いエネルギーを使うようですが、天空に上がっては 我が意を得たり 気流を上手く利用し 体力を極く僅かしか消耗しないものと思われます。 でないと何千キロもの旅は出来ませんから。
 
c0077395_692652.jpg


c0077395_6581954.jpg


c0077395_6102398.jpg


c0077395_6104196.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-27 06:32 | 白鳥 | Trackback | Comments(2)
白鳥
掲載日 1/26
コメントなし。

c0077395_513288.jpg


c0077395_6125151.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-26 05:04 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/25
久方ぶりのスローシャッター、 銀塩の時分は枚数(多くて36枚)、 経済性等の都合上 失敗を恐れて スローシャッター には中々挑戦できませんでした。 デジカメになり 枚数を気にする事も無く 気軽に挑戦できるようになりました。

c0077395_5101779.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-25 05:17 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/24
以前に ヒマラヤ越え をする鶴の様子がテレビ放映されましたが、2枚目は そんなシーンを連想しつつ撮りました。

c0077395_7323933.jpg


c0077395_7383953.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-24 06:56 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/23
白鳥の羽ばたきは意外と早いようです。 秒間2-3枚位 しか撮れない機材の時には 余り感じませんでしたが、7-8枚位 は撮れるようになってみると3枚目には同じシーが写っています。
 スローシャッターで流しをする時、 シャツター速度如何では夫々に面白味が違って来ます。 飛び立つ時  超スロー にすると 扇風機 宜しく 向こう側が 透けてしまいます。 ※対岸の竹薮のグリーン 反射してくれました。

c0077395_682487.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-23 06:15 | 白鳥 | Trackback | Comments(0)
白鳥
掲載日 1/22
今日は滑稽な処を、 とは言え  当事者は必死の筈ですが アニメ風に。 画像を順次ご覧頂くと 何があったのか 意味合いがお分かりになるものとは思れますが 簡単に注釈をつけます。
擬人化し、  威嚇され逃げ出しました⇒逃げる先には他人が居り⇒ぶつかりそうになったので必死に堪えました⇒とても間に合わずぶつかり 頭を踏ん付けてしまいました⇒相手は直ぐに浮き上がり事なきを得ましたが⇒(数カット省略)威嚇した方は カップルで勝ち名乗りをし一件落着となりました 

c0077395_6512433.jpg


c0077395_652051.jpg


c0077395_6531528.jpg


c0077395_6534362.jpg


c0077395_6542038.jpg


c0077395_6544738.jpg

EOS1DⅡ 100-400LIS
by gigen_t | 2007-01-22 07:02 | 白鳥 | Trackback | Comments(2)