「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
豪雪地
掲載日 1/31
 隣町 七ヶ宿 (シチカシュク)は 奥羽山系の真っ只中にあり 雪の多い処です。 とりわけ 此処 湯の原(ユノハラ)地区 は山形県との境にあり 県内でも有数の豪雪地として知られています。 所用で訪ねたので印象的なものを撮って来ました。

○ 毎日降り続いており 春までには 現在の倍以上の雪になるものと思われます。 何の 脈絡も無く単に羅列いたします。
c0077395_5594834.jpg

※ 奉納された 大わらじ、
c0077395_603659.jpg


c0077395_653474.jpg


c0077395_611794.jpg


c0077395_613333.jpg


c0077395_614694.jpg

※ 89歳になると言うオバアチャン 元気そのもの カクシャクたる勇姿? 一人暮らしとか 雪掻き をしていました。
c0077395_615954.jpg

※ オバアチャンの笑顔が素敵なので 拡大して掲載します。
c0077395_7483660.jpg


c0077395_623680.jpg


c0077395_624917.jpg


c0077395_631072.jpg


c0077395_632522.jpg

※ 消火栓も 一段と高いです、
c0077395_635587.jpg


c0077395_657273.jpg

by gigen_t | 2011-01-31 06:19 | 風景 | Trackback | Comments(9)
「寒メジロ」?
掲載日 1/29
   「寒メジロ」 なんて 言葉は有りません、  撮影者の 独り言 です。  桜の蜜に集うメジロを 「サクラメジロ」 と言うなら  こんな言葉が有っても 良さそうなもの、  まあ 聞いてください、  「メジロ」 をネットで調べると  「冬季の寒冷地をを除く 全国に分布し」  とあります。 当方もメジロと言えば 温暖な地に生息するものと思っていました。 処が、 これの撮影地は 豪雪、且つ寒冷地である 山形県天童市(将棋の駒で全国的に有名) の畑の中、 取り残しのリンゴを食べに来ていました。 畑には5-60センチの雪が積もっています、  雪の反射で 光りがよく廻り 綺麗に写ります。

○ 天童市在住 写友のご案内で撮りました。 白い背景は  枝に積もった雪、
c0077395_5212129.jpg


c0077395_6265137.jpg

※ 寒いからなのでしょうか、 他所のよりは 幾分 フックラ しているようです。 
by gigen_t | 2011-01-29 05:05 | 風景 | Trackback | Comments(11)
舞い下り
掲載日 1/27

c0077395_635392.jpg

by gigen_t | 2011-01-27 06:04 | 白鳥 | Trackback | Comments(9)
白鳥
掲載日 1/25

○ 餌を与えないため 白鳥の行動パターンが変わり このようなものは滅多に撮れなくなりました。
c0077395_617471.jpg


c0077395_618123.jpg

by gigen_t | 2011-01-25 06:18 | 白鳥 | Trackback | Comments(7)
雪中飛翔
掲載日 1/23
  此処には 余り雪は降りませんが 降るとこんな具合になります。
      ※ 拡大できます、

c0077395_5441835.jpg


c0077395_6322230.jpg

by gigen_t | 2011-01-23 05:46 | 白鳥 | Trackback | Comments(8)
白鳥
掲載日 1/21
  今日は 肩の力を抜いて 眺めて ください、

○ 沼は全面凍結  何故か一羽が取り残されて、   
c0077395_632778.jpg


c0077395_644361.jpg

※ 翼を失った親鳥ではありません、 親鳥は 凍結を免れた岸辺にいました。
by gigen_t | 2011-01-21 06:05 | 白鳥 | Trackback | Comments(8)
白鳥
掲載日 1/19
       ※ 拡大してご覧下さい、

○ 助走すべく ケッパリを始めた瞬間です、
c0077395_664618.jpg

※ 蔵王町の餌場 天候、時間帯によっては 金色になります。
by gigen_t | 2011-01-19 05:53 | 白鳥 | Trackback | Comments(12)
語るも涙の物語, 副題 「絆」
掲載日 1/17
  文才乏しい撮影者、 長ったらしくなりますが 聞いて下さい。 ※ 話の都合上、親鳥を♀に設定します(白鳥の♂ ♀は外見的には専門家と謂えども分からないそうです)  先日、翼を失った白鳥をご紹介しましたが 傍に寄り添っていた幼鳥(子供)についてのお話です。  怪我をした白鳥にも子供は居たはずです、   昨年3月  飛べなくなった母親を残し、 後ろ髪? を引かれる思いで 幼鳥は仲間と一緒に北に帰りました。   時は巡り冬の到来と共に  数ある飛来地の中にあって  母の面影を求め 又、 この沼にやって来ました。   忘れもしない、  夢にまで見たお母さん、  いました いました 居てくれました。    沼には沢山の仲間が来ています、  朝ともなれば餌を求めて 大方は田圃に出かけてしまいます。 残った親子は絆を確かめ合うかのように 寄り添い 静かに 沼を泳いでいます。 撮影者のフィクションではない証左に 日を追い 数点を添えます。
※ 拡大して見てやって下さい、


○ 平成22年6月25日、頭の赤いのは鉄分が多い沼土に頭を突っ込んだ為で 何れは白くなります、サギ撮りの合間に、 帰れぬ白鳥が居たので 興味半分に撮ったものです、
c0077395_19581114.jpg


c0077395_19582421.jpg

○ 平成22年12月11日、 白鳥に執っては決して美味しくは無いのでしょうに、 柿を食べていました。 幼鳥が寄り添っていましたが 撮影者は気付かず 見過ごしていました。 柿を食べている白鳥が珍しく 単に撮っただけでした。
c0077395_2061677.jpg


c0077395_2063221.jpg

○ 平成22年12月14日、 餌を与えていた処にやって来ました。 この姿を見て ハッ としました、 モシカシタラ、 そうだったのです。
c0077395_20103422.jpg

○ 平成22年12月30日、
c0077395_20121159.jpg


c0077395_20122582.jpg


c0077395_20124163.jpg


c0077395_20125824.jpg


c0077395_20131641.jpg

○ 平成23年1月5日、 これ以降 沼には行っていないので その後の消息は分かりません、 遠からず行って見る積もり、
c0077395_20151425.jpg


c0077395_20173099.jpg

by gigen_t | 2011-01-16 20:31 | 白鳥 | Trackback | Comments(9)
  ?、
掲載日 1/15
    ハテ、 サテ、 何を連想されますか?  逞しい想像力を 掻き立てて 下さい。   超スローシャッターの世界です。            ※ 拡大できます、

c0077395_542052.jpg

   
by gigen_t | 2011-01-15 05:42 | 白鳥 | Trackback | Comments(9)
白鳥
掲載日 1/13
  この白鳥飛来地の対岸は 左程高くは有りませんが 阿武隈山系の北の外れになります。 白鳥が高く飛ぶと 山の端に掛かります。         ※ ジャギーが目立ちますので 拡大してご覧下さると幸いです。

c0077395_517259.jpg


c0077395_5174224.jpg


c0077395_517592.jpg

     
by gigen_t | 2011-01-13 05:20 | 白鳥 | Trackback | Comments(9)