「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
オニヤンマ羽化、その2
掲載日 7/29
 梅雨が明け、 とたんに真夏日 暑い日が続いております。 折柄皆様には如何お過ごしでしょうか、 つい2週間程前に羽化したオニヤンマ達は 我が世を謳歌する如く  元気に飛び回っていおります。 これらは 朝の散歩時に出会った オニヤンマの赤ん坊です。 先日掲載したものとは 別物です、

c0077395_2041698.jpg


c0077395_2052324.jpg


c0077395_2054410.jpg


c0077395_206264.jpg


c0077395_20152583.jpg

by gigen_t | 2012-07-28 20:25 | 風景 | Trackback | Comments(11)
フウラン(風蘭)
掲載日 7/26
 此処南東北も 近々梅雨明けが宣言されるものと思われます。 そんな中 今年も フウラン の節がやってまいりました。 香りはお届けできませんが 姿だけでもご覧下さい。

c0077395_6131255.jpg


c0077395_665259.jpg


c0077395_671040.jpg


c0077395_614427.jpg

○ 付録、ウチョウラン の遅咲き、
c0077395_610450.jpg

○ 名は知らず 田圃の土手に咲いていました。
c0077395_611896.jpg

by gigen_t | 2012-07-26 06:17 | | Trackback | Comments(10)
オニヤンマの羽化、その1
掲載日 7/22
  前回の ベニシジミ を撮った場所の近く、 農道の両側には小さな流れがあります。 其処に生息していた幼虫は 前日の夕闇が迫った頃に、 小さい身体で 5-6メートルは有る急な土手を よじ登り  更に 背丈2-30センチの草に登り シッカリと掴まり  その時が来るのを待ちます。  勇ましく飛び回る オニヤンマ もこの様な試練を経て 生まれるようです。  一時期オニヤンマの羽化を全然見なくなりましたが、最近は少しずつ 見られるようになりました。 私達子供の頃は 一朝に5-6匹位の羽化を 見たものですが、

○ AM6:03 幼虫の背中がパックリと割れて 其処から身体が出てきます、 殻に入っている時は小さなものですが 空気に触れると 直ちに大きくなります。
c0077395_941814.jpg

○ ヨイショ と身体を折り曲げ 自分の殻にシッカリと掴まりました、
c0077395_9413743.jpg

○ 身体は 完全に殻から 抜け出ました、 
c0077395_9425720.jpg

○ AM6:07 畳まれていた 皺皺の羽が伸び始めました、
c0077395_9431834.jpg

○ AM8:15 所要で家に戻り 其の後の様子を見に行ったら こんな姿になっていました。
c0077395_946091.jpg

○ 殻の近くの草に掴まり 体力が付くのをジーット 待っているようです、 大方は 飛立つまで殻に掴まって居ます。
c0077395_9461274.jpg

※ 三脚をセットし タイマー で撮れば面白いとは思いますが、
by gigen_t | 2012-07-22 10:04 | 風景 | Trackback | Comments(11)
ベニシジミ
掲載日 7/19
  朝  田圃に囲まれた小さな道端には 蝶、トンボ 等 色んなものが 散見されます。 今回は蝶です、 蝶の名  自分なりにネットで調べた積もりですが、 間違いないものと思います。

c0077395_19424631.jpg


c0077395_19425819.jpg

by gigen_t | 2012-07-19 19:49 | 風景 | Trackback | Comments(15)
ツユクサ
掲載日 7/17
   先日掲載したものは 「ムラサキツユクサ」 こなた ムラサキ の冠が無い 単なる 「ツユクサ」 雑草扱いですが 花は意外と 趣があります。  

c0077395_1111714.jpg

by gigen_t | 2012-07-17 11:15 | | Trackback | Comments(11)
クロイトトンボ ?
掲載日 7/14
 ネットで調べましたが クロイトトンボ で間違いは無いようです。 その道の方からして 間違いで有れば 教示下さい。  先の睡蓮の沼に沢山居たので トンボ撮りに専念 しました、  4センチにも満たない 小さなトンボです。  

c0077395_19261821.jpg

※ 下が♀ で池に 産卵しています、
c0077395_19263239.jpg


c0077395_19302126.jpg

by gigen_t | 2012-07-13 19:34 | 風景 | Trackback | Comments(14)
ウチョウ(羽蝶蘭)、その1
掲載日 7/11
 「宇宙ラン」 では有りません、 「ウチョウラン」 です。 この蘭は かつてはその道の方々に 万単位で取引されていた事がある貴重なものでした。  数十年前からは バイオ技術により いとも簡単に増やせるようになり 簡単に手に入るようになりました。   何れにしろ 貴重なものである事には変わりがありません。

c0077395_1921245.jpg


c0077395_1924152.jpg

by gigen_t | 2012-07-10 19:26 | | Trackback | Comments(9)
蜻蛉(カゲロウ) ⇒ ハカナイ 命
掲載日 7/8
 昨日 網戸に カゲロウ が止まっていました。 此処で カゲロウ について一言、 カゲロウは水中で幼虫を2-3年過します。 羽化すると 口器の効力が無くなり 食物を摂取できなくなります。 子孫を残すためだけに 羽化し 交尾をして死んで行きます。 早いものは 羽化後数時間で 死ぬものも居ります。
 「命 ハカナイ」 ものの 代名詞のような カゲロウですが、 良く見ると 凛々しい 姿をしています。
 反面、一番長生きするものは シロアリの女王で 50年以上の記録があるものも 居るようです。

c0077395_16574343.jpg





 
by gigen_t | 2012-07-07 16:58 | 風景 | Trackback | Comments(13)
恋の季節
掲載日 7/5
 此処2-3日中に畑で撮りました。 トンボは別で 後日 再登場いたします。

c0077395_6395448.jpg


c0077395_643623.jpg


c0077395_6432250.jpg


c0077395_6433618.jpg

by gigen_t | 2012-07-05 06:44 | 風景 | Trackback | Comments(10)
睡蓮
掲載日 7/2
 写友に教えられ 隣の福島県に足を延ばしました。  風情ある睡蓮でしたが 当方には その魅力を 引き出せませんでした。

c0077395_6314018.jpg


c0077395_632464.jpg


c0077395_6331232.jpg

by gigen_t | 2012-07-02 06:38 | | Trackback | Comments(10)