<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
スズメウリ(雀うり)
掲載日 10/1
  毎年竹薮に生えてくる スズメウリ、 今年も忘れずに実を付けました。  このスズメウリの実は7ミリ程度でとても小さいです。 世の例えに 少ないことを 「雀の涙」 なんてことを言いますが、 これも小さいので スズメの名が付けられたものと思われます。   因みに カラスウリ(烏うり) と言うのもあります、 これは直径が7センチ 程あります。

c0077395_16215926.jpg


c0077395_16221371.jpg


c0077395_16223188.jpg


c0077395_16241395.jpg


c0077395_162533.jpg


c0077395_16251762.jpg

※台風について、 昨夜半から早朝にかけて 通過との事でしたが 雨風全然無く キツネにつままれた 気分です。 今は青空が見えます、
by gigen_t | 2012-09-30 16:28 | 風景 | Trackback | Comments(14)
オコガマシキコトナガラ
掲載日 9/28
  入った 入らぬ、勝った 負けた が嫌いなので、写真の公募展には応募したことがありませんでした。  旧知から誘われ 宮城県芸術祭写真の部に応募した処、 県知事賞と一般賞 とに入りました。 或る方に相談したら 会場に展示されてから ブログに掲載したら との事でした。 ※ 宮城県芸術祭の写真は 9/28 ー10/1 仙台市のメディアテーク5Fに展示されています。

● 上が知事賞 下が一般賞、 ブログご覧の皆さんは ズーット前に ご覧になっているものです、
c0077395_6513696.jpg


c0077395_701471.jpg

by gigen_t | 2012-09-28 07:41 | | Trackback | Comments(14)
アシナガバチ
掲載日 9/25
  先ず始めに 蜂 を嫌いな方は直ぐ閉じて下さい。 軒下の南天の葉に巣造りしていたのを知らずに 近寄り両腕、腹の3ケ所刺されました。 注射程度の痛さ、 直ぐに 「キンカン」 を塗ったら痛みも無く治ってしまいました。 当方 これまで数回刺されていますが 或る時は手を刺され 薬を塗ることなく放って置いたら 腫れ上がり 医者に罹ったことがあります。

● アシナガバチは 不用意に近付いたり  危害を加えない限り刺すことはありません、 「スズメバチ」 これは別格で 攻撃性が強く 刺されると 命に係わる事があるので 要注意です、 姿形は両者とも 似ていますはが スズメバチは アシナガの3-4倍位は大きいです。 ※ ネットで調べたら アシナガバチ でも刺されたら 医者に 行けとありました。
● 刺された後は 開き直り グット近づいて撮りました、

c0077395_7475140.jpg


c0077395_7482111.jpg


c0077395_7483689.jpg


c0077395_748532.jpg


c0077395_7491525.jpg


c0077395_7494373.jpg

※ 昔 山仕事をしていて 蜂に刺されたら 自分の小便を刷り込んだそうです、小便には アンモニア が含んでいるので 理には叶っては います。 尾篭な事ながら、  因みに 「キンカン」 の成分の大方は アンモニア水です。
by gigen_t | 2012-09-25 08:16 | 風景 | Trackback | Comments(9)
アカタテハ
掲載日 9/23
  如何に この道の 音痴とは謂え 蛾と蝶の区別は付きます。 かの君は 蝶であることには間違い有りませんが 名 を知りません。 明るい方のご教示を仰ぎます、 漫然とカメラぶら下げ ケイトウの近くに居たら 飛んで来てくれました。 ガサツ(⇒セッカチ)な私故 止っている処に近寄ったのでは 100パーセント逃げられます。

※ 上記のとおりコメントした処 早速教えて頂きました 「アカタテハ」 だそうです、
c0077395_16524193.jpg

by gigen_t | 2012-09-22 16:58 | 風景 | Trackback | Comments(14)
シラサギ
掲載日 9/20
  何で今頃 シラサギ を? と訝るものと思われます、 或る展示会に出展のため 在庫を掻き回したら出てきたので 折々に懐古的に掲載します。 今年は沼の環境が変わり シラサギ 来たらず 殆ど撮れませんでした。

c0077395_17212975.jpg

by gigen_t | 2012-09-19 17:23 | | Trackback | Comments(10)
ヒメウラナミジャノメ
掲載日 9/17
 「蝶には疎い私ですが 一目瞭然、 蛇の目傘 そのものです」 なんて 「ジャノメチョウ」 と題したら 学名は 「ヒメウラナミジャノメ」 だそうです、此処に訂正いたします。 ご教示下さった方に感謝申し上げます。 有難う御座いました、

c0077395_1526504.jpg


c0077395_15271787.jpg


c0077395_1528145.jpg

※ これも畑で撮りました、 ヒメウラナミジャノメ 日を改め 再度登場します。
by gigen_t | 2012-09-16 15:35 | 風景 | Trackback | Comments(8)
クマバチ
掲載日 9/14
   クマバチの性質は極めて温厚であり 只管 花を求めて飛び回る。 人には関心を示さず ♂には針が無い、 針を持つのは♀だけ、 余程危害を加えない限り刺すことはない。

○ 白いのは インゲン豆の花、 家辺りでは インゲン豆をの事を 「ササゲ」 と言います。
c0077395_14292043.jpg


c0077395_14325493.jpg


c0077395_14363844.jpg


c0077395_14342096.jpg


c0077395_14344253.jpg


c0077395_14345864.jpg


c0077395_1436192.jpg

○ 毛の生えた足を見て下さい 熊の足 ソックリ、
c0077395_14363844.jpg

※ 「クマンバチ」 は スズメバチの事で トテモ攻撃的で 刺されると命に係わります。 お間違いのないように、
by gigen_t | 2012-09-13 14:46 | 風景 | Trackback | Comments(10)
ベニシジミ他
掲載日 9/11
  蝶に対しての乏しい知識、 ベニシジミは分かりますが 他の君 の名は分かりません。

○ベニシジミ で間違いないものと思います、
c0077395_1430670.jpg


c0077395_14482449.jpg

○ 名を知らぬ君、とコメントしましたが 早速ご教示いただきました、 「ヤマトシジミ」 との事です。
c0077395_14555274.jpg


c0077395_1431730.jpg

※ ご多分に漏れず畑で撮ったものですが、 少し前のものです。
by gigen_t | 2012-09-11 14:45 | 風景 | Trackback | Comments(12)
オレゲ
掲載日 9/9
   此処 南東北と言うか仙台の南 即ち 仙南では  ご多分に漏れず ズーズー弁 と言いまして 発音が濁ります。 又 方言にも事欠きません、  EX、 シ⇒ス と発音  当方は ヅとズ の区別がつきません。、 ハシ⇒ 橋、箸、端 全部同じ発音で  何処にアクセントをつければ良いのか分かりません。 若い世代の方々の名誉のために申し添えますが 殆どは標準語を話します。 濁るのは 古い世代の者だけです。
  此処に挙げた 「オレゲ」 は恐らく 俺 家 と表記するものと思われます。 俺の家のことです、 横文字では マイホーム です。

c0077395_10273674.jpg

※ 方言の一例 「億劫」(おっくう) な事を 「カナスイ」 と言います、悲しいではないです、 因みに 我が親友の住む大分県の別府辺りでは 「ヨダキイ」 と言うようです。
※ 申し遅れました これは 小振りの向日葵に 正真正銘の イナゴ です。 蜜など吸う筈は無いのに 何故か ど真ん中に 止まって いました。 
by gigen_t | 2012-09-09 10:29 | 風景 | Trackback | Comments(10)
サギソウ
掲載日 9/5
   写友から頂いた サギソウ です。 一寸お遊びをしました、

c0077395_1801798.jpg

○ 多重露出
c0077395_1803735.jpg


c0077395_1805382.jpg


c0077395_181211.jpg

※ フィルムカメラ以来 デジタルカメラでは 多重露出 が出来なかったので そのカメラの出現を望んでいました。
by gigen_t | 2012-09-05 18:04 | | Trackback | Comments(11)