<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
棒懸け〔ボウガケ〕
掲載日 9/29
  家辺り 稲刈りの真っ最中 殆どの方は コンバイン〔刈り取りから脱穀まで 一貫して済ます機械〕で刈り取りをし 極端に言えば 翌日には  新米が食べられます。 一部の方は 自然乾燥の米が美味しいと言う事で 自家用米だけを このように 棒に懸けて 自然乾燥します。 手間は物凄くかかります、
 

■ この田圃は 家から300メートル位の処、 ノンビリとした こんな処に住んでいます。  毎日が別荘住まいの気分?  それでいて 東北自動車道 白石ICまでは 3分程、 東北新幹線 「白石蔵王駅」 までは15分位、
c0077395_19222289.jpg



c0077395_7413013.jpg

by gigen_t | 2013-09-28 17:34 | 風景 | Trackback | Comments(14)
ヒガンバナ
掲載日 9/27

c0077395_1795291.jpg


※ お地蔵様 雨に打たれて、
c0077395_1713061.jpg

by gigen_t | 2013-09-26 17:07 | | Trackback | Comments(8)
秋の夕暮れ
掲載日 9/24

■ ブレを防ぐため  息を止めて  心の臓までは止めませんが、
c0077395_6371343.jpg


■ 上のものを モノクロに仕上げてみました、
c0077395_749075.jpg

by gigen_t | 2013-09-24 06:17 | 風景 | Trackback | Comments(12)
初 秋
掲載日 9/22
  暑さ寒さも彼岸まで とか、 昨日は節外れの暑さ、 暦の上では初秋 秋の気配を求めて 散策、

■  ススキと萩のコラボ 両者の成育環境は余り違わない筈なのに、 自然界での ご一緒は 意外と少ないです。  犬も歩けば 棒に当たる で辛うじて巡り合いました、
c0077395_21113714.jpg

※ 秋の日は 「つるべ落とし」 とか、 安穏として 三脚を持参せず  たちまち暗くなり  ISOを上げて 急場を凌ぎました。 
by gigen_t | 2013-09-21 20:21 | その他 | Trackback | Comments(13)
十五夜さん
掲載日 9/20
  昨夜は十五夜、 中秋の名月と言いますが この日が満月に成る事は少ないそうです。 幸いにして昨夜は満月 時間は8:13 待ち構えて撮りました。  ※NHK地方版 気象予報士の話、

■ 何か脇役をと思えども 天空には何もありません、
c0077395_8404766.jpg


■ 少し前までは1升瓶にススキとハギを活け、欠かせないダンゴ、 山里の珍味を沢山お供えしたものですが 最近は先細り 瓶も4合瓶になってしまいました。 時代の変わりと言うものでしょう、
c0077395_8405695.jpg

※ 家のは 白ハギ です、
by gigen_t | 2013-09-20 08:57 | その他 | Trackback | Comments(7)
クマバチ
掲載日 9/17
  足は短く 色黒く 体型も ずんぐり、 何処から見ても ツキノワグマ そっくり、 恐ろしげなイメージですが 雄は 針を持たず、 雌は 針を持っていますが 余程の危害を加えない限り人間を襲うことは無く 実に温厚な 蜂です。

■ インゲン豆の花蜜を求めて ブンブン音を立てて 飛び回っています。
c0077395_8313651.jpg



c0077395_832435.jpg



c0077395_8325746.jpg



c0077395_8332519.jpg


※ 眼と眼の間 口辺りに 白いものが見えますが これは 雄 だそうです、
c0077395_8341458.jpg

by gigen_t | 2013-09-17 08:43 | その他 | Trackback | Comments(13)
グラススキー世界選手権大会
掲載日 9/14
  先日 隣町のスキー場で 「グラススキー世界選手権大会」 が開催されました。 当方、競技内容等は一切知らず、 野次馬根性宜しく 単なる動きある物 として 撮影して来ました。

■ グラススキー ⇒ 草スキー とも言われて居ます、 大雑把に言うと ブルドーザーの キャタピラ状 のもので 草の上を滑るのです、 百聞は一見に如かず スキーと装備をご覧ください、 スキーの長さは70センチ程とか、 滑り方は雪スキーと殆ど同じです、
c0077395_19225639.jpg



c0077395_19231651.jpg

  
■ この様な斜面 鬼門をくぐり抜け 一気に滑り降り タイムを競うのです、
c0077395_1930752.jpg



c0077395_19325227.jpg



c0077395_1933135.jpg



c0077395_19331390.jpg



c0077395_19332416.jpg



c0077395_19333969.jpg



c0077395_19335623.jpg



c0077395_19341027.jpg



c0077395_19342817.jpg


■ 流し撮り SS1/100、  何せ相手は速いので 流し撮りは 楽と言えば楽、 当然ながら全て 手持ちです、
c0077395_211619.jpg



c0077395_1934414.jpg



c0077395_1935939.jpg


■ アクシデント、バランスを崩し転倒、 台湾の女性選手とか、 この後救急車で病院に、
c0077395_19375119.jpg



c0077395_1938525.jpg



c0077395_19381751.jpg



c0077395_193839100.jpg


※ 急斜面につき 救急車は入れず 4輪駆動の軽トラで救急車まで搬送、
c0077395_20304922.jpg

※ 彼女が使用していたもの、
c0077395_19395717.jpg


※ 台湾の同僚選手、
c0077395_20173030.jpg

by gigen_t | 2013-09-13 20:23 | その他 | Trackback | Comments(11)
朝顔
掲載日 9/9
  何時も言う事ですが  「 時人を待たず」  馬齢を重ねたと言うか 加齢と共に 月日の経つのが 早く感じられます、   暑い暑いと言っていた夏も 朝夕はメッキリ涼しくなりました。  8月始め ホームセンター で求めた 朝顔一株、 大きな鉢に移し 肥料を与えたら  次々と咲き 朝が楽しみでした、 以後も 咲くようですが 盛りは過ぎました。  寝坊をせず 撮りましたので 折々に掲載します。

■ ジックリと朝顔を眺めたのは 今年が始めて、 花の形が良いのは  8時前のようです。 正に 「花の命は短くて」 です。

c0077395_1931189.jpg



c0077395_1910132.jpg



c0077395_19103229.jpg

※ 老婆心ながら、 林芙美子の 「花の命は 短くて 苦しきことのみ多かりき」
by gigen_t | 2013-09-08 19:31 | | Trackback | Comments(17)
カラスウリとスズメウリ
掲載日 9/7
  何れも畑の隅に生りました。 スズメウリは スズメの涙に類する 小さな と言う比喩から名付けられたものでしょう、 因みに カラスウリは7センチ、 スズメウリは1.7センチ 

■ カラスウリ
c0077395_1550311.jpg


■ スズメウリ
c0077395_15501536.jpg



c0077395_1550233.jpg

※ ネットによると カラスウリ は形が 違うようですが、 家辺りでは これを カラスウリ と呼んでいます。
   スズメウリはそのものズバリと出てきます、
by gigen_t | 2013-09-06 15:52 | その他 | Trackback | Comments(6)
愛の賛歌 ← 始めのタイトルは 愛の交歓 でした。
掲載日 9/5
 愛の賛歌とは  タイトル 一寸オーバーかなー、 畑の ケイトウ花 を求めて セセリ が多く来ています。 当方は毎朝 これを追いかけています。  中には早々と 愛の交歓 をしている カップル が居ました。

※ 「生きとし 生きるもの」 命ある万物の最終目的は 後世に 「脈々と 命を 繋いで行く」 事だそうです、
c0077395_20255531.jpg

※ お二人の方から 既に コメントを頂きましたが 当方の手違いにより削除してしまいました。 ご勘弁を、
by gigen_t | 2013-09-04 20:26 | その他 | Trackback | Comments(9)