「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シロモクレン
掲載日 3/30
   市内街路樹の シロモクレン です。

c0077395_15513561.jpg




c0077395_15515895.jpg




c0077395_1552542.jpg




c0077395_15531546.jpg




c0077395_15552268.jpg

by gigen_t | 2016-03-29 16:00 | | Trackback | Comments(11)
サンシュユの花
掲載日 3/25
 我が家の庭に咲いている サンシュユ の花です。 サンシュユ は宮崎県の民謡  「ひえつき節」 に  ♪ 「庭のサンシュユの木  鳴る鈴かけて ・・・」  なんて唄われています。   参考として掲載した 赤い実は 昨年10月末に撮った サンシュユの実 です。 
 ネットで調べたら 「ひえつき節」 の歌詞には 「庭の 山椒〔サシショウ〕 の木」 なんて説もあるようです、  どちらでも よい事ですが、

c0077395_12305267.jpg




c0077395_12323156.jpg



※ 参考、サンシュユの実、  この実を 焼酎に漬け込んだものは 強壮の効果 が有るとのことです。
c0077395_12341892.jpg




c0077395_12344035.jpg

by gigen_t | 2016-03-24 12:40 | | Trackback | Comments(15)
イヌコリヤナギ〔犬行李柳〕
掲載日 3/20
  数年前 写友から頂いた 柳 です、 名を知りませんでしたが ネットで調べたら 「イヌコリヤナギ」 とか、 犬の字は 似ているが 違う物 との意味、 これは私見ですが 竹の行李に 似ているが 違う物 と言う意味かと、 思われます。   因みに 行李〔コウリ〕 今で言えば 手荷物 程度の意味が有るものと思われます。  「竹に似た 柳で 編んだ 荷物入れ」  今時の  ボストンバック? 
 参考までに 中国の空港の 「手荷物取扱所」 は全て 「行李」 と表示されいました。 発音は 当然分りません、 長ったらしく なりました。

c0077395_19172942.jpg




c0077395_19175991.jpg




c0077395_1921149.jpg




c0077395_19244065.jpg

※ 山野草にしろ 野鳥にしろ、名前を カタカナ で表されると 何の事か 分りませんが、  漢字で 表記 されると何とはなしに 意味合いが 分ります。  諸般の 名付け親の慧眼には 感服いたします。
by gigen_t | 2016-03-19 19:18 | | Trackback | Comments(10)
ご機嫌斜めの磐梯山〔バンダイサン〕
掲載日 3/14
  真っ白な雪を抱いた バンダイサン、 そしてブルーの 猪苗代湖、 其処に佇む  白鳥たち、 との出会いを求め  隣県の 猪苗代湖へ出かけました。   猪苗代地方の 天気予報と ニラメッコ の毎日、 一昨日は 間違いなく 晴れの予報、 高速道を使うと 1時間30分、 勇んで出かけました。  現地は 晴れて居ましたが、 バンダイサンは 不機嫌にて 山頂を見せてくれませんでした。  ソコソコに撮りましたので 全てを 此処に 掲載いたします。
※ 豪雪地帯の 磐梯山、 暖冬の 例に漏れず 此処も 雪が 少ないようでした。

 ■ 当地の飛来地では 見られない 広々とした 光景を 撮ることが 出来ました。
c0077395_20121158.jpg



※ 雲の中が バンダイサンの頂です、 筋状に 白く見えるのは 山裾の スキー場 です、
c0077395_18542676.jpg




c0077395_18544065.jpg




c0077395_1855448.jpg




c0077395_18552330.jpg




c0077395_18553819.jpg




c0077395_18555332.jpg




c0077395_18562199.jpg




c0077395_18563397.jpg

※ 現地の方に聞くと 平年は 4/10 頃まで゛ 逗留するようです。
by gigen_t | 2016-03-13 18:58 | 白鳥 | Trackback | Comments(11)
あれから五年が経ちました
掲載日 3/11
    忘れられない 2011.3.11.14:46 東日本大震災、    震災の10日後  宮城県南部沿岸、 津波による 被災の様子です、 幹線道路だけは 片付けられ 通ることが出来ました。  先ほど 阿部総理が 震災後 五年を期し 記者会見をしておりました。  当時 私の車はデーゼル車であり、 燃料である 軽油は 近くのガソリンスタンドに ふんだんに ありました。  〔但し、 ガソリンは少なく  ガソリンを求め 田舎道でも  車列 数百台となる  長蛇の列となりました。  後日知りましたが 首都圏でも ガソリンが 少なかった との事です。〕   被災地に行く等、 「物見遊山」 ハタマタ 「 野次馬」 の そしり を覚悟の上で 沿岸部に出かけ 津波の爪跡 を撮りました。  沢山撮りましたが その一部を ここに掲載します、  何らの脈絡無く 撮影順の掲載です。

c0077395_15553591.jpg




c0077395_1903651.jpg




c0077395_1556489.jpg




c0077395_15571294.jpg




c0077395_15573920.jpg




c0077395_15584272.jpg




c0077395_1559498.jpg





c0077395_15595814.jpg





c0077395_16115380.jpg




c0077395_16125631.jpg




c0077395_16131426.jpg

※ 画像上部、 松の木 の背後は 仙台市の、 蒲生干潟 即 海です。  震災の前日  上部中央  松の根方で 猛禽の 「ミサゴ」 撮りを していました。  一日違いで助かりました、 この場所であれば 幾ら足掻いても 逃れられなかった 筈です。 天が助けてくれたのでしょう、
c0077395_16133521.jpg



※ 参考、 この地で 震災の前日撮った ミサゴ です。
c0077395_20455749.jpg



※ 仙台空港、幹線道路からは中の様子が見えません。
c0077395_16345479.jpg




c0077395_16141479.jpg



※ レーダーの 左後方は 仙台空港ターミナルビル です。
c0077395_1635126.jpg




c0077395_16354878.jpg




c0077395_16361768.jpg



※ 仙台空港に 海側から降下するときの標識
c0077395_1771531.jpg



※ 震災当日 当方は標識の 右端で 飛行機撮りをしていました。    標識の後ろは 仙台空港です、 逃げ遅れていたら 人、車共に 押し流され、 今頃は 行方不明で処理されていた筈です。
c0077395_1775914.jpg
 


※ 遥か遠くの 富山県は 高岡市 から支援に駆けつけて下されました。
c0077395_1638546.jpg

by gigen_t | 2016-03-10 16:02 | その他 | Trackback | Comments(8)
春への誘い
掲載日 3/7
 3/1、 久方ぶりに 小雪が降りました。  北海道等 気温の低い地方の雪は 乾燥したサラサラの雪です。 当然乍  何時までも融けない筈です、 家辺りの雪は 気温が高いので 湿り気を帯び 且つ 直ぐに 解けてしまいます。 

c0077395_190057.jpg




c0077395_1902689.jpg




c0077395_1904975.jpg




c0077395_1912148.jpg




c0077395_11273019.jpg

by gigen_t | 2016-03-06 11:30 | | Trackback | Comments(9)
吊るし雛、その1
掲載日 3/3
   今日は 桃の節句 なれば、 吊るし雛 を掲載します。  数年前 伊豆地方の 「稲取温泉の吊るし雛」 を見て以来 スッカリ その虜になっています。 この地は 吊るし雛の発祥の地 とかで  華麗さ そして規模の大きさ には 度肝を抜かれました。 今時は 時節至れば 此処かしこで 吊るし雛が 展示されています。  桃の節句と 吊るし雛の 謂れについては 割愛しますが、 篤とご覧下さい。 2回に分けて掲載します、  初回は 仙台市の奥座敷 秋保〔アキユ〕温泉地での 愛好家の作品をご紹介します。

c0077395_194791.jpg




c0077395_1943057.jpg




c0077395_1918129.jpg




c0077395_1961344.jpg




c0077395_197014.jpg




c0077395_19234349.jpg




c0077395_19185138.jpg

by gigen_t | 2016-03-02 19:08 | その他 | Trackback | Comments(8)