ショッキング
掲載日 10/1
 シラサギ、 彼女 ? 達とは5年程付き合って居ますが このように怪我をした姿を見るのは始めてです。、  一昨日の事  とてもショックを受けました、  情に脆い撮影者は ジーンとしながら シャッターを切りました。  丈夫に 生きて行けるのかなー  とても気になります、
c0077395_19415683.jpg


c0077395_1939843.jpg

○ 参考画像、 本来であれば 両足を揃えて このように飛びます。
c0077395_1941153.jpg

※ 初め 遠くから見た時は 餌でも ブラサゲて 来たのかなー なんて思い レンズを通して見たら ショッキング なシーンでした。
 
by gigen_t | 2011-09-30 20:05 | 風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://gigen.exblog.jp/tb/16916500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by puli_m at 2011-09-30 20:44
あぁ~~~ ほんとにどうしちゃったんでしょう?
もし、アクシデントだとしたら自然治癒出来るのか心配ですね。
gigenさんの心痛、痛いほどわかります。
Commented at 2011-09-30 20:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-09-30 21:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sippo5655 at 2011-09-30 22:14
鳥さんの世界も、本当に厳しいのですね。
怪我をしても、診てくれるお医者さんがいるわけでもなく
全て自身の力で耐え抜くしかない。
涙を吞んでの撮影だったことと思います。
ファインダー越しにかけたエールの想い
きっと、この子に伝わったことでしょう!
Commented by pcvhirose at 2011-10-01 06:17
おはようございます。
相変わらず見応えのある写真です。
今回はシラサギの写真ですが、右足の怪我どうしたのでしょう。
自分の力で治すしかないのですが、完全とまではいかなくても生活に支障が出ない程度に回復して欲しいですね。
厳然たる自然界の規律を見せ付けられた思いです。
勿論人間もその規律の内にいるのですが、しかし人間だけが自然界の生き物とは違います。
この事はどの様に捉えたら良いのでしょうか?
Commented by Angel at 2011-10-01 07:43 x
おはよー
時々怪我をした野鳥を見ることもありますが、痛ましい姿に心痛みます。
一番ショックだったのは、飛び初めの若ツバメが目の前で車に引かれちゃっ
たことです。何のために生まれてきたのかな~
親ツバメは何のために育ててきたのかな~って、その短い運命にしばらく
考えさせられました(@。@”
Commented by aoikesi at 2011-10-01 09:29
足を怪我したのでしょうか。
自然治癒して、元気に生きていってほしいです。
がんばれ!
Commented by kobakoba-134 at 2011-10-01 16:57
こんにちは!
切ないですね・・写されたgigenさまは、実際にご覧になられて、
本当にお辛い思いをされたことでしょう・・
普通の体でも、厳しい自然界で生きていくのは大変でしょうに・・
でも、命のある限り、力いっぱい、生きていってくれると
信じていたいと思います。
大変でしょうが、頑張って欲しいと思います。

Commented by pckago at 2011-10-02 16:34
望遠で撮られたのですか?どうしたんでしょーー;
片足が。。。折れたのでしょうか?
自然に治れば良いのですが。。。。
見守りたいですね(頑張れ)
Commented by 161212 at 2011-10-02 18:38
こんばんは。   
 相変わらず、エネルギッシュですね。お元気で何よりです。
私は、東日本大震災以来、気力を失って、写欲もなくなってしまいました。これを打破するために、今、北アルプスの穂高山登山に来ています。帰ったら、掲載します。
 それでは失礼します。


<< 棒懸け(ボウガケ) マンジュシャゲ >>