大内宿
掲載日 10/4
 大内宿 続き、
c0077395_7183786.jpg


c0077395_7581423.jpg

■ コマメバチの巣 「巣筒」
c0077395_7204341.jpg

■ 「巣筒」 の説明、お急ぎで無い方は 読んで下さい。
c0077395_723596.jpg


c0077395_7241072.jpg

by gigen_t | 2007-10-04 07:25 | 風景 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://gigen.exblog.jp/tb/7110577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kuriken4343 at 2007-10-04 13:48
マメコバチは知りませんでした!ミツバチの82倍働くのですか!
さぞかし、ミツバチがサボっているかのようですね・・・
ススキの古屋いい写真ですね!
Commented by Mie at 2007-10-04 17:44 x
ススキと茅葺屋根のコラボラーションが何ともいいですね。(^・^)
マメコバチって始めて聞く名前です、働き者を大事にしないといけませんね。
Commented by gigen_t at 2007-10-04 17:55
Kuriken4343 さんへ
 ミツバチも結構働いてはいるのでしょうが、 それ以上に 働き者と言うことでしょう。 人間様にも この様なタイプの方が居るようで、 周りが 仕事をしていないように見える事がありますものね。 萱屋根 もう少し古びて ぺんぺん草 でも生えると 更に風情が出るのでしょうが、    住む人のことも考えずに 勝手なことを、言っていますが、
Commented by gigen_t at 2007-10-04 19:02
Mei さんへ 
 元々 カヤ は ススキ の枯れたもの、相性が良いようです。 最近は萱 が少なくなり 葦 で 葺くようでようです。 ヨシ は カヤ よりは太くて丈夫です。  ヨシの方が長持ちするようです。  ご存知でしょうが カヤ は大方は山間地に生え、 ヨシ は水辺に生えます。  マメコバチ 働き者なのですねー。 因みに 小さいものを 「マメコ」 と言います。 柿に 直径2-3センチ程のものがあります。 熟すと 黒っぽくなります。 これを 「マメコガキ」 と言います。
Commented by gigen_t at 2007-10-04 19:10
Mei  さんへ
 アシ =  ヨシ
Commented by azuminomasa at 2007-10-04 22:05
こんばんは

最近萱葺き屋根が少なくなって、このような写真はなかなか撮れないです。
ススキが、ほんと良く合ってますね。
マメコバチは初めて知りました・・ 花の受粉はミツバチだけかと思って
ました。
Commented by tomo200511 at 2007-10-04 22:24
大内宿、風情のあるところですね。
しかしあのスノコのようなのが蜂の巣とは驚きました。
知らないと近づいちゃいそうですね。
刺してきたりするんでしょうか!?
Commented by gigen_t at 2007-10-05 06:50
 azuminomasa さんへ
 ススキ イコール カヤ なれば 相性は良いのでしょう。 萱屋根 今は 観光用のみとなりました。  此処 大内宿は  30戸 程あり 全戸 萱屋根 です。 舗装 しない 道の両側に建っています。 全部現役で 人々の生活は此処にあります。 管理は大変な事と思われます。 然も、豪雪地帯、 今でこそ 観光客が 押すな 押すな ですが、 良くぞ今まで 残して居たものです。  マメコバチ、働き者のようです。


<< シラサギ 杭懸け >>